維持すること

サブリースとはどのようなものか

不動産の経営手法の1つに、サブリースというものがあります。 サブリースとはそのまま訳せば「転貸」となります。具体的には、オーナーと事業会社が第三者への転貸を前提として賃貸借契約を結ぶことをいいます。 この手法は商業ビルの経営などには以前から用いられていました。ビジネスに適した土地を持つオーナーに事業会社がビルを建設させて賃借したうえで、テナントを募集して転貸するというのが基本的なスタイルです。土地と資金はあるが運用ノウハウがないオーナーと、ノウハウはあるが資金力に乏しい事業会社との、それぞれ足りない部分を補い合えるというメリットを持つ経営手法です。 現在、サブリース方式は企業が社員寮を借り上げる場合などにも利用されています。

実質的な家賃保証というメリット

サブリースはこうした事業用物件ばかりに用いられるわけではありません。ごく普通の賃貸住宅の運営にも利用されることがあります。 サブリース方式の賃貸住宅の場合、入居者の募集や審査、家賃の収納、退去時の点検等の業務はすべて事業会社が行うことになります。つまりオーナーにとっては、本来自ら行うべき業務をすべて代行してもらえることになります。 さらにオーナーが受け取るべき家賃は、事業会社との間に結ばれた大元の賃貸借契約に基づいて支払われます。そのため個々の入居者に家賃の滞納などがあった場合でも、それとは無関係に家賃の全額を受け取ることができます。さらにこの支払いは空き室の有無にも関わりがないため、オーナーにとっては経営上は常に満室状態を維持できることになります。