調査することで

安易なアパート建設はリスクです

地主様に対する土地活用として、アパート建築を推奨するコマーシャルが増えています。これは、アベノミクスを背景として今後景気が回復し、インフレになると期待されていることから、ハウスメーカーとしては今が勝負時と考えて大規模な宣伝をしているのです。 しかし、土地活用策としてアパート建築を行う場合には十分に注意しなければなりません。 日本はすでに高齢化社会に突入しており、人口も減少傾向にあります。そのような中で安易にアパートを建築しても、入居者が決まるまでに時間がかかる可能性がありますし、最悪の場合には新築物件であるにもかかわらず空室が埋まらないという事態も起こりうるからです。それでも、アパート建築にこだわるのであれば、自分自身でマーケットをきちんと調査するようにしましょう。

最良の土地活用選択をしましょう

ハウスメーカーとしては、土地活用策としてアパートを建ててもらえなければ、売り上げが上がらないわけですから、地主様に提案するマーケット調査はどうしても甘くなりがちです。その点を十分に見極めなければなりません。 また、当初は満室稼働しても、時の経過とともにアパートは老朽化するわけですから、新築時と同じ賃料を維持できることはまずありません。したがって、賃料下落リスクも考慮して事業計画を策定しなければならないのです。 土地活用を検討する場合には、アパートも候補に入れつつも、介護施設が検討できる場所の可能性であったり、店舗の可能性であったり、駐車場の可能性であったりと複数の選択肢を慎重に吟味して、最良の選択をしなければならないのです。